nanaの菜園

nana(ばぁば)が室内園芸・孫育て・Eテレ・発達障害などについて、小さな種をまきます

眼瞼下垂症の手術 体験記 ② 眼瞼挙筋前転術・健康保険の適用条件・手術当日・傷跡を残さない為に

 眼瞼下垂症手術の体験記 その②です

f:id:nana-plant51:20180708161209j:plain

 

 

手術の準備

紹介状を持って、大きな病院の【形成外科】を受診しました。

てっきり、眼科だと思ってたのですが、違うんですね。

ちなみに、形成外科とは、主に身体の表面が見目の良くない状態になったのを改善・治療する外科ということです。

(整形外科は主に身体の運動に関する、骨・関節・靭帯などに関する治療を行う外科)

 

視野などの検査や、血液検査を行い、手術日・手術方法を決定します。

私は、片目ずつ2回に分けて、「眼瞼挙筋前転術」を受けることになりました。

 

眼瞼挙筋前転術(がんけんきょきんぜんてんじゅつ)

ゆるんだり伸びたりして、

瞼板(まぶたの縁の裏側にある少し硬い部分)から離れてしまった

挙筋腱膜(まぶたを持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋と瞼板をつなぐ組織)を

元の位置に縫い付ける方法です。

二重まぶたのしわに沿って、皮膚を切開して行います。

 

ちなみに、美容整形で一重を二重まぶたにする手術も、同じ要領だそうです。

その場合は、健康保険は適用されません。

 

健康保険の適用条件

①健康保険が使える医療施設で治療すること

②日常生活に支障をきたしていると判断されること

 ただし、保険を適用するかどうかは、医師の判断にゆだねられます。

 私は、瞳孔にかかるほどまぶたが下がっていたので、要手術とされました。

③腱膜性眼瞼下垂と診断されること

腱膜性なのかどうか、見た目から判断するのは難しいそうです。

額の深いシワ・目の上のくぼみ・肩こりや頭痛の併発、などの症状を元に、総合的に判断されます。

④最大のポイントは、機能改善の必要があるかどうか

目を大きく見せたいといった、美容目的の場合には、保険は適用されません。

仕上りの美しさを重視したい場合は、保険適用外で美容外科での施術となります。

 

私の場合、全てクリアしたので健康保険が適用されることになり、医療保険の手術給付金もおりることになって、ひと安心です。

 

手術当日の様子

手術後はしばらく控えることになるため、前日のお風呂と洗髪を指示されます。

私は片目ずつの手術だったので、朝一番、一人で病院へ。

(両方の場合は、一泊入院だそうです)

当日の朝は水のみOKで、絶食です。

普段飲んでいる血圧などの薬は、原則飲むことができます。

 

手術後に備えて、サングラスを持ってきた方が良い、と言われました。

化粧・マニキュア・コンタクトはつけていきません。

 

到着すると、しばらく控え室で待機。

看護師さんから、手術後の注意をレクチャーされます。

長い髪はゴムでまとめます。

入れ歯・指輪・時計などの金属類を外します。

その後手術着に着替え、手術室へ。

 

手術台に登ると、万一に備えて、静脈のルート確保。

顔だけ出して、手術布をかけられます。

 

まぶた周辺に何箇所か麻酔注射を打ちます。

キシロカインを塗ってもらえなかったので、これが1番痛かった。

(痛みに弱い人は、あらかじめお願いしてみた方が良いかも)

 

そのあとは、なんかよくわからないけど、チョキチョキ・ツンツン・・・

 

「はいおわりですよ」

「点滴外しますね。ゆっくり手術台から降りて下さい」

 

控室に戻り、手術着から自分の服に着替えます。

(前明きの服の方が、顔に触らないので着替えやすいです)

 

手術室に入ってからは、30分くらいで終了。

 

その後、処方箋を出してお薬を頂き、お会計を済ませて、タクシーで自宅へ帰りました。

 

まぶたの上にはガーゼが貼られ、サングラスもかけていたので、一人では電車に乗るのは無理だったと思います。

 

帰宅後は、頂いた抗生物質と痛み止めを飲んで、おとなしく横になっていました。

痛み止めはその後、2回ほど服用しました。

 

手術当日は、入浴・シャワーは禁止です。

 

ガーゼは、取れたらそのままで良いと言われていました。

次の日には取れてしまったので、家の中でもサングラスをかけて保護していました。

 

看護婦さんからは、

「サングラスや帽子をつけて、紫外線はできるだけ避けてください。傷跡が汚くなることがあります」

と言われていました。

 

 顔の傷跡をのこさないために

①紫外線を避ける

傷の部分の皮膚は薄く敏感になっています。

そのため、紫外線に当たると、シミや色素沈着が起こりやすい状態です。

顔の場合は、衣服に守られていないので、紫外線対策をしっかり行う必要があります。

 

②新陳代謝を高める

皮膚のターンオーバーのサイクルを良好に保つことが大切です。

・栄養バランスのとれた食事

・良質な睡眠

・ストレスを溜め込まない

などに気をつけて、組織の再生修復を促す成長ホルモンの分泌が活発になるよう、生活習慣を正します。

 

 

 

次回は、手術後の経過について書きます。

 

May this small seed sprout in your field.
See you.