nanaの菜園

nana(ばぁば)が室内園芸・孫育て・Eテレ・発達障害などについて、小さな種をまきます

【びじゅチューン!】9月26日(水) テュルプ博士の参観日

f:id:nana-plant51:20180927114528j:plain

 

 佑くんがはまってしまって、録画のリプレイ request request request  ! ! 

放送は、Eテレ 水曜19時50分、月曜5時55分、火曜0時50分(月曜深夜)

 

www.nhk.or.jp

 

私の興味のおもむくまま、調べたことを貼っていきます。

シリーズでお届けすることになりそうです。

 

レンブラント

レンブラント・ファン・レイン ―1606年7月15日 - 1669年10月4日
ネーデルラント連邦共和国(現在オランダ)の画家

レンブラント(Rembrandt)の通称で広く知られ、大画面と、光と影の明暗を明確にする技法を得意とした。

レンブラントは、同じオランダのフェルメール、イタリアのカラヴァッジョ、フランドルのルーベンス、スペインのベラスケスなどと共に、バロック絵画を代表する画家の一人である。

「光の画家」「光の魔術師」(または「光と影の画家」「光と影の魔術師」)の異名を持つ。

絵画『夜警』(別名『フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ラウテンブルフ副隊長の市民隊)』)はレンブラントの代表作として著名である。

 レンブラント・ファン・レイン - Wikipedia 

より抜粋編集

 

 

ニコラース・テュルブ博士の解剖学講義

ニコラース・テュルブ博士の解剖学講義 レンブラント 絵画解説

 

当時、富裕層では集団肖像画を描かせるのが流行していました。

しかし、依頼者各人を正面から平等に忠実に描写しようとするあまり、

動きのない集合写真のような画づらになりがちだったのです。

レンブラントは「テュルブ博士の解剖学講義 」において、

従来の集団肖像画にない斬新な構図を用い、

各人の風貌を忠実に再現することと題材のドラマ性を両立させること、を試みています。

17世紀における解剖学講義は社交イベントであり、

解剖劇場(anatomical theatre)と呼ばれる公開専用の講義室が設けられ、

見学者は、厳粛なるイベントにふさわしい服装を着用することが求められていました。

 

しかし、下記のような論評もあります。

 

描かれた人物たちの視線は方々に散って一点に集まっておらず、纏(し)まりや緊張感を表現できていないという評もある。

 レンブラント・ファン・レイン - Wikipedia

 

 そこに、井上さんは注目したんですね。

参観日で、ガッツリ我が子だけを注視する父親たちになぞらえています。

どうか手をあげて!

間違っててもいいから!

 ヘイ GO!だ 我が子 YOU CAN DO IT

家で練習したじゃないか

RAISE YOUR HAND ! さあ 勇気出して

間違えても 君は MY LOVE

 ちなみに、画面右下でカンペを出しているのが、レンブラント本人です。

彼は、生涯にわたって多くの自画像をのこしており、そのうちの一枚

「帽子を被り眼を見開いた自画像」1630年 エッチング

が基の絵のようですね。

f:id:nana-plant51:20180929122520p:plain

レンブラント・ファン・レイン - Wikipedia

 

 

テュルブ博士の視線も心なしか上の空、

子どもたちが授業内容をよりよく理解できるよう心配りする事より、父親受けだけを狙っている教師、

のように見えてしまいます。

「栄光レンブラント小学校」の校門から、

我が子の手を引いて三々五々下校する父親たち。

きょうは、思い出に残る一日だったでしょうか。

 

「レンブラント」もろもろ

代表作「夜警」が不評だったせいで没落したとか、

―実際は女性問題と自身の放蕩散財、

 依頼者の意向よりも自身の追求する芸術性にこだわった作画のせい

晩年は一文無しだったとか、

色々と風評に事欠かない彼ですが、そこは〇〇っても鯛、

話題はつきません。

レンブラント工房

高い名声を得たレンブラントは大きな工房を運営し、多くの弟子を抱えたことで知られる。

そのほとんどが強い影響を受けた。

そのため、スタジオで製作した作品や、後援者が望んだレンブラント風絵画や、たんに複製した作品などが混在する状況となり、

その差異を判断することが難しくなった。・・・

レンブラント工房の体制が真贋判定の難しさを生んでいる。

先人の工房も同様ではあるが、レンブラントは弟子たちに彼の絵をよく模写させた。

そしてそれらに仕上げや修正を施し、真作または正式な複製として販売していた。

さらに、レンブラントの絵画形式は決して難しいものではなく、才能ある弟子ならば模倣が可能であった。

さらにこの問題を複雑にした背景には、レンブラント自身の製作には品質的にぶれがあり、また頻繁に絵画形式を変化させたり実験を試みたりしたことがある。

彼の作品には後に贋作が作られることがあった。

また、真作の中にもひどい損傷を被ったものもあり、本来の状態をよもや認識できない作品もある。

レンブラント・ファン・レイン - Wikipedia

 

「織物商組合の幹部たち」

晩年の貧しい生活のなかで、彼は集団肖像画の集大成といえる作品を完成させています。

www.musey.net

 

 

レンブラントが後期に描いた作品。

ここには長年取り組んだ集団肖像画に対するひとつの回答があり、彼が求めた主題性・ドラマ性人物の顔や視線を正面から描く肖像画の制約を両立させる工夫を施している。

場面は、テーブルの上に置かれた書物を見ていた各人が、不意に部屋に入ってきた者に目を向けた瞬間を描いた。

この絵は織物商組合本部の会議室のやや高い場所に掲示された。

手前に配されたテーブルが前面に出る遠近法を使い、部屋に入った者はこの絵から男たちの急に意識を向け見下ろした視線に晒される。

そうして、幹部たちの威厳を強調することに成功している。

レンブラント・ファン・レイン - Wikipedia

 

 

レンブラントの眼の秘密

2004年、ハーバード大学医学大学院の神経科学教授マーガレット・S・リビングストンは、

レンブラントは視覚の焦点を正確に結べない立体盲(英語版)であったという短い論文を発表した。

 リビングストンによると、これは画家にとって利点になるもので、

「絵画教師はたまに、生徒に片目を瞑って平面を視認するよう指導することがある。したがって、立体盲は決して欠点にならず、画家によっては資産にもなりうる」と述べた。

 レンブラント・ファン・レイン - Wikipedia 

より抜粋編集

 

eye-media.jp

 

レンブラント光線

雲の切れ目から差す幾筋もの光の帯、

レンブラントはこの情景を好んで描いた為、「レンブラント光線」とも言われる。

レンブラントの絵には、ドラマチックな光の部分と闇による部分との強い対比が描かれ、非日常的な雰囲気や宗教的な神々しさを感じられる作品となっている。

光芒 – 光のパイプオルガン | ALG

 

labaq.com

 

レンブラント・インク

レンブラントのデッサンには、セピア色の線がよく見られる。

これはイカ墨を用いたインクで、レオナルド・ダ・ヴィンチも好んで使った。

このイカ墨インクは「レンブラント・インク」とも呼ばれる。

レンブラント・ファン・レイン - Wikipedia 

 

AIがレンブラントの"新作"を出力。絵具の隆起も3D再現

japanese.engadget.com

 

 

May this small seed sprout in your field.
See you.