nanaの菜園

nana(ばぁば)が室内園芸・孫育て・Eテレ・発達障害などについて、小さな種をまきます

【びじゅチューン!】9月19日(水) 夕暮れ、浄土堂ショー

f:id:nana-plant51:20180925130522j:plain

 

佑くんが最近はまっているのは、これ。

井上涼さんの歌が、耳から離れません。

24日・25日に再放送もあるので、一見の価値あり。


www.nhk.or.jp

 

「夕暮れ、浄土堂ショ―」9月19日(水)

佑くん、はまりすぎて3回もリプレイしました。

 

夕暮れから始まるショーに備え、準備が始まります。

脇侍佛様がヨッコイショとネオン看板を設置、

阿弥陀様は、アイラインを入れ、ネイルを施し・・・

  

スタンバイ OK

時間です!!!

 

阿弥陀三尊にスポットライト・・・ON

 

夕日に照らされた三尊像が厳かに光り輝きます。

左手の印をほどいてマイクを持った阿弥陀如来が熱唱、

脇侍佛がコーラスで盛り上げます。

 

プロデュース by 重源

 

 

極楽山浄土寺浄土堂

 

www2.nhk.or.jp

naranouchi.blog.jp

 なるほど、お釈迦様が左手で印を結んでいらしたり、

爪がきれいに伸びているのは、宋の影響だそうです。

 

お堂のずっと西側にあるため池に

いったん差し込んだ西日が乱反射し、角度を変えてお堂内部を照らし出す、

という、なんとも壮大な仕掛け。

 

夕方が近づくと、お堂の中央に立つ阿弥陀三尊像のほぼ真後ろに太陽が降りてくる。

ゆっくりと太陽が直接お堂に入りはじめ、ヒノキの床に反射し、堂内全体が明るくなってゆく。

お堂の木材は朱で塗られ、間の漆喰の白と美しいコントラストを見せているが、床で反射した光は建物内で乱反射し、化粧屋根裏の高い部分へ、さらに反射を重ねて仏像の前面へと広がってゆく。
このお堂の説明として、夕日が直接像の後ろから照らすと書いたのものがあるが、正確ではない。

浄土堂の夏季の拝観時間は17時まで。

夕日が黄金色に輝くには早い時間である。

しかし、堂内が最も美しく輝くのは夕日でなく、西日が下がって来た時間帯なのである。

光がまだ強く、かつお堂のほぼ真後ろに太陽が傾くころ、すなわち夏の16時から16時半ごろが最も理想的な時間帯で、

光は後ろから来ているにもかかわらず、乱反射によって仏像の姿がよく見え、かつ赤い光に浮かんで見えるのである。

夏の晴れた日のこの時間帯に拝観に来ることをお勧めする。
像は近くから、また側面、背面もよく拝観できる。

https://www.butsuzoutanbou.org/ホーム/兵庫県/浄土寺-小野市/

 

こんな素晴らしい仏さまが、

片田舎(ごめんなさい)におわしますとは!

井上さん、ありがとうございました。

 

May this small seed sprout in your field.
See you.