nanaの菜園

nana(ばぁば)が室内園芸・孫育て・発達障害などについて、小さな種をまきます

【ペットボトル水耕栽培】苗づくり ③ ロックウールの準備

ペットボトルを使った水耕栽培で、苗の育て方はいろいろあります。

 

・育苗ポットに砂をいれて種まきする方法

・タッパーなどにバーミキュライトを入れて種まきする方法

この二つがメジャーなようです。

 

でも、私はどちらも今一つ、うまくいきませんでした。

いろいろと探して、ロックウールを育苗に使う方法を知りました。

 

 

ロックウールで苗づくり

ロックウールの成分

鉄鉱石などから鉄を取り除き、コークスや石灰石と混ぜて高温で溶かし、綿あめ状に繊維化して圧縮熱処理を施したものをロックウールと呼んでいます。ロックウールは無機質で無菌であるのが特長で、95%以上の空間を内部に維持している培地です。通気・保水・保肥性に優れています。
土栽培より植物の生育が早く、害虫の発生も少ないとされているのです。狭い場所でも栽培が可能だというメリットもあります。

 

2層構造

2層構造であるメリットは、上層に根が広がりやすく、水が均一に広がるため、発育に優れていることです。土やヤシ殻といった有機培地とは性質も違います。水分管理をきちんと行うことで、より高い収穫が得られる培地です。
ロックウールは排水性がありません。上から水を与えると根が伸びようとせず、生育に影響してしまいます。使用時は、ロックウールの下から水を与えられるように設置してください。

 

水耕栽培ナビ http://www.suikou-saibai.net/blog/2016/05/02/348

 

ロックウールを調達

上記のサイトは本当に参考になりました。

書いてあった直接種をまく方法ではなく、「催芽まき」でまず種子を発芽させ、ロックウールを培地にする方法を考えました。

 

必要な資材

  • ロックウールブロック
  • 12ブロックに仕切りされた製氷容器(100均で調達)
  • スポイト(液肥の付属品を転用)
  • カッティングボード(ダンボール等でも可)
  • 霧吹き
  • 使い捨てプラスチック手袋

 ロックウールブロックはAmazonさんで購入しました。

まずは【催芽まき】で芽出し

苗づくり①の記事のやり方【催芽まき】で、芽出しを行いました。

 今回、根っこが伸びすぎの状態でしたが、何とかなるでしょう。

 

ロックウールの切り分けと製氷容器へのセット

Amazonさんで購入したロックウール。

3×3×3㎝のブロックが20個ずつ繋がったシートで3枚、計60個入っています。

f:id:nana-plant51:20180625112447j:plain

 

これを切り分けて使うのですが、細かい繊維が飛び散るので、霧吹きで水をかけて湿らせながら行います。

この繊維が、サボテンの細かい棘のようにチクチクするので、使い捨てプラスチック手袋をはめます。

 

カッターマットの上に置き、カッターで切り分けていきます。

まず、3×3×3㎝のブロックを4個切り離します。

1個がこんな感じです。

後ろのほうに、結構な切りくずが出ているのがわかるでしょうか。

f:id:nana-plant51:20180625113945j:plain

 

中央に穴が開いています。

これが種子を埋め込む穴で、上下間違えないように注意します。

(水やりは、必ず下から吸わせるようにするので、間違えると大変)

 

このブロックをさらに4分割し、W1.5 × D1.5 × H3㎝の12個の小さいブロックに。

f:id:nana-plant51:20180625114650j:plain

 

この小さいブロックの上部1つずつに、爪楊枝で種子を入れる穴をあけます。

f:id:nana-plant51:20180625114844j:plain

 

これを一つずつ、製氷容器に入れていきます。

f:id:nana-plant51:20180625115213j:plain

 

これで、種子の植え付けの準備ができました。

 

I'm glad lf someone reads this report.
See you.