nanaの菜園

nana(ばぁば)が室内園芸・孫育て・Eテレ・発達障害などについて、小さな種をまきます

【ペットボトル水耕栽培】 ペットボトル水耕容器(500ml)の作り方

これでおわりに、と思ったチマサンチュですが、もう少し頑張れそうです。

かろうじて生き残った苗を、栽培容器に植えることにしました。

今回は、ペットボトル(500ml)の栽培容器の自作方法を書きます。

ポイントは、アルミホイルを使って、完全に遮光することです。

養液は栄養たっぷり、そこへ光が少しでも入ると、あっという間に藻の巣窟に。

根の成長を妨げられてしまいます。

 

 

用意するもの

  • ペットボトル(500ml)

  • はんだごて(ダイソー製・500円)

  • 物差し

  • はさみ

  • 油性ペン

  • アルミホイル

  • アルミ製食器棚シート

  • 爪楊枝

  • 両面テープ

  • マスキングテープ

 

作り方

① ペットボトルに油性ペンで印付けをする

底から12.5㎝のところで切断します。

切断面から3.5㎝下がったところに、空気穴をあけます。

↓ 印の下側が切断面、上が空気穴の位置です。

f:id:nana-plant51:20180705181612j:plain

 

② 下側の印に沿って、はんだごてを使い、切断する

(切断面は、はんだごての先でなでるようにして、滑らかに仕上げます)

上側の印を目印に、長さ1.5㎝くらいの切込みを四面に入れます。

(少しでも空気を循環させるための穴です)

f:id:nana-plant51:20180705182455j:plain

 

③ 飲み口側に、給水布を通す穴をあける

切断面から4.5㎝下がったところに、長さ1㎝くらいの穴をあけます。

 

④ 飲み口を逆さまにしてボトルに差し込み、 飲み口の高さに印をつける

養液を入れるときの目安になります。

この印より下になるように、養液をいれます。

f:id:nana-plant51:20180705183239j:plain

 

⑤遮光のためのアルミホイルを巻き付ける

飲み口側は、切り口にアルミ箔を少し折り返し、

飲み口はぎりぎりで切ってギュッと絞ります。

f:id:nana-plant51:20180705184214j:plainf:id:nana-plant51:20180705184323j:plain

 

ボトル側は、巻き付けるアルミ箔の端を少し折り返し、両面テープを張ります。

上端は少し折り返し、底側はぎりぎりに切ります。

f:id:nana-plant51:20180705185641j:plainf:id:nana-plant51:20180705185823j:plain

右の写真は、アルミ箔を巻き付けたボトル側を上から見たところ。

上の印が空気穴、下が養液のラインです。

 

⑥飲み口側の給水布用穴と、ボトル側の空気穴をアルミ箔の上から開ける

アルミ箔を指でしっかり押し付けると、穴の位置がわかります。

それぞれ、爪楊枝でアルミ箔に穴をあけます。

 

f:id:nana-plant51:20180705191721j:plainf:id:nana-plant51:20180706091452j:plain

 

f:id:nana-plant51:20180706091515j:plainf:id:nana-plant51:20180706091528j:plain

 

 

⑦飲み口をしっかり差し込み、食器棚用アルミシートを巻き付ける。

シートはポリエチレンシートにアルミを蒸着させたタイプのもの。

(100均で調達)

 

このシートの役割は、容器をしっかり固定する事と、養液の温度をある程度一定に保つこと。

これだけでは完全に遮光できないので、⑤の要領でアルミホイルを容器にまきつけるわけです。

 

上下の容器をセットした状態でシートを巻き、カットします。

容器の状態を確認するために剥がすことがあるので、マスキングテープで端を留めます。

 

f:id:nana-plant51:20180706091540j:plain

 

これで、容器が出来上がりました。

次回は、苗のセットについてUPします。

 

May this small seed sprout in your field.
See you.